COVID-19関連情報

次回学術集会

「第26回いしかわ金沢大会」

第26回いしかわ金沢大会

↑リーフレット (ダウンロード用) (12.25更新)

会期:2020年11月28日~29日
会場:金沢歌劇座ほか
大会ホームページ

次々回学術集会

「第27回かながわ大会(仮称)」

会期:2021年12月4~5日
会場:パシフィコ横浜

施設や里親家庭で暮らしている若者への入学支援金事業

2010年度より、本学会は、本学会設立15周年を機にして、上級学校への進学を希望する児童福祉施設や里親などで生活した経験のある子どもに対し、進学に必要な学費の一部を給与し、入学支援を図ることを目的とする「施設や里親家庭で暮らしている若者への入学支援金事業」を創設し、入学支援金委員会を設置して活動を開始しました。
2011年度活動状況について簡単にご報告いたします。

(施設や里親家庭で暮らしている若者への入学支援金事業)

  • 本年度も8月から10月中旬まで募集いたましたところ、17名の方の応募がありました。2010年同様に4人の委員で協議し、男女各1名を候補者として選出しました。男性は理容技術専門学校、女性はブライダルプランナー専門学校に進学希望。次点者も男女各1名で、ロボット工学研究のため大学進学希望する男性と、看護師希望の女性を選出し、理事会・評議委員会の承認を得て決定いたしました。
  • 支援金の給与につきましては、2012年1月に、2名の方に給与いたしました。次点者には図書カードをお送りしました。その後、3月に入り給与者1名の方が進路変更により辞退されたため、次点者の方に給与いたしました。
  • 昨年度の給与者2名の方に、生活状況報告とアンケート用紙をお送りしました。現在のところ1名の方から返事がありました。
    報告によると、「現在、学業においては、生物学、特に進化学と遺伝学に興味を持ち、
    もっと詳しく遺伝学について学ぶために、2年生では生物学を専攻しようと考えています。また、サークルにおいてはファゴットを吹いているおり、5月の演奏会に向けて取り組んでいます。アルバイトも順調で週1・2回程度働いています。大学1年の生活は日々新しいことにたくさんチャレンジした年でした。失敗したり途中でくじけそうになりがちでしたが、学校、サークル、アルバイトなどで素敵な人たちと出会い、支えながら毎日楽しく過ごしています。これからも感謝の気持ちを忘れずにがんばっていきます。」とのことでした。

(入学支援金事業の広報活動)

  • 「ニューズレター31号」に本事業を紹介するとともに、2人の給与者の方の承諾を得て、「学校生活に期待すること」というタイトルの応募作文を掲載させていただきました。

(入学支援金事業に対する寄付のお願い)

  • 本年度におきましては、会員の皆様には、理事会の承認を得て、会費納入時に寄付を募らせていただいきましたところ、10月14日現在で370名(団体含む)から約200万円の寄付がございました。心より厚く御礼申し上げます。
  • 来年度におきましても、本年度同様に、ご寄付をお願いしたいと考えておりますので、
    是非ともご協力の程よろしくお願い申し上げます。