COVID-19関連情報

次回学術集会

「第26回いしかわ金沢大会」

第26回いしかわ金沢大会

↑リーフレット (ダウンロード用) (12.25更新)

会期:2020年11月28日~29日
会場:金沢歌劇座ほか
大会ホームページ

次々回学術集会

「第27回かながわ大会(仮称)」

会期:2021年12月4~5日
会場:パシフィコ横浜

情報提供

■東京弁護士会は、子どもの権利条約批准20周年を記念して、下記のイベントを行います。
   お誘い合わせてご参加ください。
 
 題 名: もがれた翼パート21「ひとりぼっちの子守歌」
 日 時: 2014年8月23日 17時00分開演(16時30分開場)
 場 所: 北とぴあ さくらホール(東京都北区王子1-11-1) 
 入場料: 無料(当日受付のみ)
 主 催: 東京弁護士会
 共 催: 北区
 協 力: 社会福祉法人カリヨン子どもセンター
 お問い合わせ: TEL03-3581-2205 東京弁護士会 人権課
 
 詳細は下記のホームページでご確認ください。
 http://www.toben.or.jp/know/iinkai/children/tsubasa/post_18.html
 

■参加登録をお急ぎください
「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」の「通常申込み」締め切りは8月10日(日)です。それ以降は「直前・当日参加申込み」期間となり、割高になりますのでご注意ください。
「参加登録」方法や「プログラム」などについては下記のホームページで詳細をご確認ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
http://www.ispcancongress2014.org/
 

■日本法医学会、日本医師会が加わりました。
日本精神神経学会、日本小児精神神経学会、日本産婦人科医会、日本歯科医師会、日本小児科医会に加え、日本法医学会、日本医師会でも研修証明を発行することになりました。詳しくは下記ホームページの左サイドバーにある「研修証明発行学会」をクリックしてご覧ください。
 
http://www.ispcancongress2014.org/
 

■「子ども虐待防止世界会議」における「研修証明発行学会」一覧をアップしました
 
「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」に参加される、日本精神神経学会、日本小児精神神経学会、日本産婦人科医会、日本歯科医師会、日本小児科医会の各会員の方がたには、研修証明が発行されます。
詳しくは下記のホームページの左側「研修証明発行学会」でご覧ください。
なお日本医師会(申請中)、その他の学会にも働きかけを行っていますので、随時、ホームページの更新情報をご確認ください。
 
http://www.ispcancongress2014.org/

 
 

■「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」の早期申し込み割引を6月8日(日)まで延長致しました。
 
●参加登録の早期申し込み割引を5月31日(土)までとしておりましたが、6月8日(日)24時まで延長致しました。
大会の詳細は下記のホームページでご確認ください。
http://www.ispcancongress2014.org/
 
 

■今年の「JaSPCAN学術集会」は9月開催です。ご注意ください。
 
●今年度の「JaSPCAN学術集会」は、「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」との同時開催です。開催日時、場所、参加費等、お間違えのないよう、下記のホームページで詳細をご確認ください。
※JaSPCAN学術集会:9月14日(日)・15日(月・祝)の2日間
※子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014:9月14日(日)から17日(水)の4日間
※会場:共に名古屋国際会議場
http://www.ispcancongress2014.org/
 
今回の「JaSPCAN学術集会」では、これまでと同様に日本語による発表が行われるのに加え、同時通訳を通して英語による発表を聞くことができます。同時開催する「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」は、わが国にいながらにして、世界最高峰の研究に触れ、実践を学び合える貴重な機会です。
お誘い合わせて、ぜひご参加ください。
 
 

メールマガジンご登録のみなさま
 
5月9日付、メールマガジンを発信しております。
お手元に届いていらっしゃらない場合には、
お手数とは存じますが、以下メールアドレスまでご連絡ください。
 
mail1@jaspcan.org
 
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 

■「メディアと虐待―ドラマ『明日、ママがいない』が投げかけたもの―」開催のお知らせ
日時:5 月25 日(日) 13:30 ~ 16:30
場所:日本子ども家庭総合研究所4階研修室
参加費:JaSPCAN会員 1,000円  非会員 1,500円
定員数:120名(先着順)
事前申し込み方法:メール件名に「メディアと虐待」シンポ参加希望と記入の上、
お名前、所属先、連絡先メールアドレスを記載し、info@jaspcan.org まで送信してください。
 

●今年1月から放送された『明日、ママがいない』には、関係各団体から抗議文等が寄せられ,
本学会も、子どもの心身に重大な影響を与える危険性が高いとして一定の措置を講じるよう日本テレビに要望しました。
本ドラマが提起した課題をひとつの契機として、本学会では、メディアと子ども虐待の関係を考えるためのシンポジウム
を開催します。
単にドラマの是非を問うのではなく、子ども虐待防止に向けたメディアの役割を考える機会にしたいと思います。
是非、ご参加ください。
 
「メディアと虐待」チラシ(PDF)
※緊急要望書:
http://www.jaspcan.org/wp-content/uploads/2014/02/demandingpaper_021314.pdf
 
 

■「子どもを虐待・ネグレクト・いじめから守るには~日本とノルウェーの経験と実践」開催のお知らせ
日時:5月16日(金)14:30~16:30 (14:00開場)
場所:ノルウェー王国大使館内アークティック・ホール
参加費:無料
定員数:100名
申し込みと参加:5月13日メール申し込み必着、参加可否結果は後日連絡あり
通訳:日本語、英語、同時通訳付き

 
●登壇者は小児科医のアンネ・リンブさん、弁護士の坪井節子さん、カウンセラーの信田さよ子さんです。
ノルウェーは、子どもの権利を擁護し、その声を代弁する「子どもオンブッド」制度を、世界に先駆けて
1981年に発足した国で、今回は「子どもオンブッド」の来日を記念しての大会です。
申し込み締め切り日が迫っています、ご希望の方はお急ぎください。
 
「子どもを虐待・ネグレクト・いじめから守るには」チラシ
 
 

トップページの「会員専用ログイン」につき、
現在、会員専用サイトへのアクセスが不可となっております。
 

誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。
復旧につきましては、こちらにてご連絡いたします。
 

ご迷惑をおかけし恐縮と存じますが、
ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。