COVID-19関連情報

次回学術集会

「第26回いしかわ金沢大会」

第26回いしかわ金沢大会

↑リーフレット (ダウンロード用) (12.25更新)

会期:2020年11月28日~29日
会場:金沢歌劇座ほか
大会ホームページ

次々回学術集会

「第27回かながわ大会(仮称)」

会期:2021年12月4~5日
会場:パシフィコ横浜

保護者・家族との調整では対応チームをつくりチームで関わることが大切です。情報の伝達が混乱しないよう一本化したり、情報が分散しないように共有化することを考えましょう。また、対応のあり方に継続性や一貫性を持たせることも必要です。時には、保護者からの急な連絡が入ることも予想されますが、一貫性を持った対応ができるように体制を整えるなど、組織的対応が重要です。

不安になった保護者からの強制的な引き取り要求など、様々な事態が予測されるので、特にリーダーである管理職は安定感のあるケースマネジメントを積極的に行うことが求められています。

また、保護者自身が育った環境(生育歴)に問題を抱えている場合も少なくありません。こうした保護者は、子どもと同様に災害ストレスへのリスクが高く、予期せぬストレス反応が起こりやすいので、配慮ある対応が必要です。喪失体験などを重ねた保護者の中には、誰かにそばにいてほしいという気持ちが高まり、早急な子どもの引き取りを要求する場合もあります。また、反対に音信不通になったり、子どもとの連絡が長期にわたって途絶えてしまうこともあり、子どもとの関係性に変化が生じやすいと考えられます、こうした親子関係の変化は、子どもの不安を高める危険性がありますので、特に留意して下さい。

(1)保護者・家族への情報提供と状況の把握及び連絡対応

ア.保護者・家族への情報提供と保護者・家族の状況の把握

震災直後では、保護者が、子どもの安否に対して強い不安を感じることを理解し、できる限り迅速に保護者に子どもの安否状況や施設の生活状況などについて連絡することが望まれます。子どもの生活状況や、子どもの受けた震災のストレスへの対応について説明し、施設が、子どもの安全などに配慮して保護・支援しているということを保護者に分かってもらうことが大切です。こうした対応は保護者の不安感の軽減にもつながります。

それとともに、保護者・家族の状況の把握をすることが必要です。ケアワーカーは、保護者に対して、子どもも職員も心配していたことを伝え、安心感を与えるよう共感的に保護者の話に耳を傾けましょう。また、保護者・家族の安否や生活状況について聞き取ることも大切です。

保護者が大変不安定で、不安が強く、不眠・食欲不振等の症状があれば、病院などの関係機関に相談することを勧めましょう。例えば児童委員など保護者と日常的な交流のある人の共感的で受容的な態度は、保護者の精神的安定にとって有効です。こうした人的資源にもつながることを勧めていきましょう。

最後に、可能な限り保護者との連絡を継続し、子どもの状況や保護者・家族の状況について相互に情報を交換するよう努めましょう。特に、状況の変化があった際には必ず連絡を取り合うことを約束しておくことが大切です。

イ.  保護者・家族からの連絡への対応

子どもの安否確認などのために保護者・家族からの連絡が多くなることが予想されます。この際も、アで述べたのと同様の対応を行うことが必要です。ケアワーカーは、子どもの安否を心配して連絡してくれた保護者に対して感謝の念を伝えるとともに、いつでもどんな時でも子どもを健やかに育んでいく重要なパートナーであると保護者が感じられるような配慮ある対応が求められています。

保護者の中には、「電話で直接子どもと話がしたい」や「顔を見たい、すぐに面会に行っていいか」といった訴えをしてくる人もいると思われます。できれば、施設としてどのような対応をするのかあらかじめ決めておくとよいでしょう。電話での会話や面会は子どもが保護者の無事を確認して安心することにつながりますが、一方で、内容によっては保護者に傷つけられる危険性もあるので、配慮ある対応をして下さい。

面会については、「(3)保護者・家族と子どもとの面会」を参照して下さい。

また、「落ち着くまで一時帰省はできないのか」とか「心配だから子どもを引き取りたい」といった要求が示されることもあります。そのような場合には、保護者の気持ちに寄り添いつつ、気持ちの整理ができるように、子どもは無事で生活はできていることを伝え、施設や周囲の状況をわかりやすく優しい言葉で説明してください。保護者の不安を取り除きながら対応することが大切です。特に心配や不安の強い保護者に対しては、子どもの情報をきめ細かく伝えるような配慮なども必要です。ケアワーカーだけではなく、施設長以下、ファミリーソーシャルワーカーを含めチームとして、児童相談所とも連携しながら、全体的な状況を判断して対応しましょう。

(2)子どもへの適切な情報提供

子どもが震災関連の情報を聞く心の準備が整うように配慮し、安心感を得られるように、年齢や理解力に応じて、落ち着いた態度でゆっくりとわかりやすく正確な情報を提供することが大切です。

その後、子どもに保護者や家族に対する不安や心配がないかを確認することも忘れないで下さい。

また、子どもの不安などを助長するような情報提供は避けましょう。

なお、保護者・家族を亡くしたり、安否が確認できない子どもへも対応については、「6.家族を亡くした子どもへの対応」を参照して下さい。

(3)保護者・家族と子どもとの面会

施設での保護者・家族との面会は、子どもが安心感を得られるなど、子どもの安定に繋がる場合に実施するのが原則です。ピンチはチャンスであり、子どもが今まで培ってきた家族・親族との絆を大切にしつつ、さらに絆を深めていけるような面会が望ましいでしょう。

面会は、子どもと保護者の双方にとってストレス状況にあることを踏まえ、必ずケアワーカーが同席の下で実施して下さい。

ア.養護ケースの場合
① ケアワーカーと保護者・家族との面接

子どもと面会する前に、保護者・家族に、子どもと会うための心の準備をしてもらうことが必要です。したがって、子どもとの面会の前にケアワーカーが保護者に会い、保護者の気持ちを受容的・共感的に傾聴したり、体調を気遣ったり、このような状況にもかかわらず面会に来てくれたことについて感謝したり、保護者と情報交換をしながら、保護者自身の心の安定を図っていくことに心がけましょう。子どもの状態については、保護者に不安を与えないように配慮して報告して下さい。

また、ストレス反応や症状などに対する配慮や説明も必要です。「このような災害を経験した人であれば誰でもが起こりうる反応」であり、保護者も子どもも同様なストレス反応が起こる可能性があることを十分に説明にしておきましょう。「急に泣き出す」「赤ちゃん返りをする」「話しかけられるのを避ける」「無感情や無感覚」など、子どもの態度や反応に普段との違いが見られても、その原因は震災からくるストレスであり、このような反応は決して異常ではなく正常な反応であると受け止められるように保護者に理解してもらうことが大切です。

保護者には、子どもとの面会で、落ち着いた態度で子どもに安心感を与えるように心がけてもらうことが大切です。決して不安を与えるような情報提供をしないことや、感情的な混乱が生じた場合や約束を守れない場合には面会を中止することがあるなど、事前に確認しておくことが必要です。

このような対応によって、子どもとの面会に保護者・家族が準備できた段階で、面会を実施して下さい。

② 子どもの心の準備への支援

一方、子どもに対しても、保護者・家族との面会に対する心の準備をしてもらうことが必要です。まずは、ケアワーカーが、前もって子どもに保護者の気持ちや意向を伝え、面会に対する子どもの意向を確認し、その意向を尊重することが大切です。子どもの反応を聞かずに「このような状況の中、保護者が心配してきてくれるのだから会いなさい」というような対応をしてはいけません。子どもの気持ちに向き合ってください。

面会予定が決まったならば、保護者と同様、心の準備をしてもらうことが必要です。保護者が子どもを見て泣き出すなど、子どもを驚かせるような反応が起こりうることなどについて、子どもの年齢や理解力に応じて説明しておくこともよいでしょう。

また、震災後の混乱した状況にあるため面会に来られなくなることにも予測されるので、その点についても、子どもに十分に説明をし、理解してもらうことも必要です。

③ 保護者・家族と子どもとの面会

面会の目的は、子どもの不安感を取り除くことや、保護者・家族の不安感を取り除くことですので、ケアワーカーは、子どもと保護者・家族ともに安心感を得られるような面会ができるように配慮して下さい。

イ.虐待ケースの場合

虐待ケースの場合には、施設は、次のような点について留意した上で、面会の可否などについてケースごとに児童相談所などの関係機関と協議して判断して下さい。

  • 子どもの意向を確認して下さい。その際には子どもが保護者の要求に従ってしまい、自分の意向を素直に表現していない場合があるので留意して下さい。
  • 危機事態であるために子どもが保護者・家族を理想化していることがあります。こうした場合、保護者・家族から期待した反応が得られないために、子どもが見捨てられ体験など心的外傷を重ねる危険性があることに留意して下さい。
  • 保護者によっては、子どもを早く引き取りたいために、面会後に「子どもは不安定であり施設に預けておくのは不安である」などの訴えをする場合があります。保護者が面会に対して隠された意図や目的を持っていないか、十分に吟味するよう留意して下さい。

面会を実施する場合には、ア(養護ケース)で述べたような配慮ある対応を十分にとった上で、行って下さい。

なお、面会については、面会ができない子どもへの十分な配慮も忘れてはなりません。

(4)強引な引き取り要求への対応

震災直後は、一般的には、保護者の不安が増大し、離れて暮らしている子どもへの思いが強くなります。「子どもは大丈夫だろうか」、「子どもは不自由なく生活できているだろうか」など、様々な思いが脳裏を駆けめぐり、「子どもが愛おしくて耐えられない」といった精神状態になってしまい、それが強引な引き取り要求を引き起こしてしまう場合があります。このような保護者に対しては、そういう気持ちになるのは保護者として当然のことであり、理解できることを伝え、じっくりと保護者の話に傾聴し、保護者の思いを受け止めながら心の安定を図ることが大切です。

その上で、ケアワーカーは、これまで、離ればなれになりながらも、健やかな家庭生活を送るために、子どもも保護者も努力してきた経過や成果などについての理解を伝えるとともに、このような状況の中で子どもは不安や不自由さを感じながらもがんばって生活していること、保護者もこの状況に負けずにしっかり生活することで子どもをバックアップしてもらいたいこと、この状態で子どもを強引に引き取れば、子どももストレスを抱え、夜泣きなど育てにくい症状も見られることから養育が大変になり、入所以前の状態に後戻りするリスクが高いことなどを説明し、納得してもらうように努めて下さい。

もし、そのように説明しても保護者が納得しない場合には、施設として「施設は引き取りの判断はできないこと、引き取りについての判断は児童相談所でないとできないこと」を保護者に説明し、児童相談所に相談に行くように勧めて下さい。

なお、保護者もストレスを抱えていることから、子どもを返さないことに激しい怒りをぶつけ、暴力に訴えてくる場合もありますので、必ず複数のケアワーカーで対応して下さい。

(5)災害により退所予定が変更になったケース等への対応

災害により、家庭復帰や就職が困難になり、予定していた退所ができなくなってしまった子どもが出てくると思われます。ケアワーカーは、子どもにその状況についての正確な情報をわかりやすく伝え、理解を得て下さい。しかし、子どもは言葉では理解できても情緒的には納得できずに落ち込んでしまう場合がありますので、子どもに寄り添いながらしっかりとサポートすることが必要です。今後の見通しがはっきりしている場合にはその見通しを本人に伝えることは大切ですが、はっきりした見通しがないのにもかかわらず、安心させようとして憶測で「すぐに退所できるようになるよ」などと今後の予定について子どもに安易に話をしてはいけません。

(6)保護者・家族へのケア

災害は、家族の結束が高まる機会でもあります。その一方、パニックやストレス、あるいは精神障害などで保護者の現実的に判断する力が低下してしまうことも考えられます。また、保護者自身が退行し、保護してもらいたいという欲求があらわれる可能性もあります。

また、精神障害がある保護者の場合、被災直後の高揚感がその後の症状の悪化につながったりし、入院が増加することが知られています。長年治療を受けることなく安定していた精神障害の既往者が、被災を契機に再発する例もあります。このような場合、地域の精神保健センターあるいは保健所への相談を促したり、通院を勧めることも考えられます。被災直後の興奮状態では説得に応じなかった人も、緊張が途切れた後には受け入れる可能性もあります。保護者の精神的な安定が子どもの安定に直接的な影響を与えるだけに、このような保護者に対するケアが重要です。

これらの保護者への対応と被災の混乱の中で見落とされがちですが、施設の児童の保護者の中には、このような事態でも子どもに関心を払わない人も少なくないでしょう。子どもが保護者を心配しているにもかかわらず、保護者が自分のことを気にかけていないことに気づいたり、兄弟のなかで自分だけが注意を払われていないことに気づくことは、子どもに被災経験以上の深刻なダメージを与える可能性があります。ケアワーカーは、いわゆる『モンスター・ペアレント』以上に、このような非常事態であっても子どもに関心を払えない、あるいは払わない保護者に注意を払い、働きかけを行う必要があることを忘れないでください。